SPECIAL

c9_circle

特集:工場が田園地帯にあるということ

c9_1

まわりの自然環境を壊さない。
それが、この場所に工場が在り続けるための絶対条件。
私たちは環境影響物質の管理を徹底しています。

シヤチハタの生産拠点である稲沢工場は、愛知県稲沢市郊外の田園地帯に位置しています。
工場が立地する周辺の自然環境を守るため、関連する国の法律、愛知県の条令、協定を遵守することは当然として、より厳しい社内基準の達成をめざしています。

シヤチハタにとって、より身近な環境問題

稲沢工場は、シヤチハタの生産拠点となっており、Xスタンパーの原料となるポーラスゴムやインキの製造から、成型、組み立てまで全ての工程が行われます。
その過程で出る排水、排ガス、廃棄物すべてにおいて、環境に負担をかけない管理、処理を徹底して行っています。
工場のすぐ横を流れる用水路は、周辺の田んぼへとつながっており、私たちの食べるお米が栽培されています。ここに万が一にも有害な物質を流すわけにはいきません。そのためにも、細心の注意を払っています。
シヤチハタにとって、環境問題は以前からとても身近で、取り組むことが当然の課題なのです。

c9_2

◀廃水処理施設

ポーラスゴム製造過程で生まれる「塩水」の処理施設。
塩と水を分け、水を浄化します。

c9_3

◀アルコール蒸留還元装置

インキ製造ライン洗浄用としてアルコールが使用されています。これらのアルコールは蒸留還元装置により繰り返し使用されます。

環境影響物質を厳しく管理

【水質管理状況】

稲沢工場から排出される排水の水質検査を年2回実施し、水質の管理状況を把握しています。

c9_4

【騒音管理状況】

工場敷地境界線における騒音を測定し、管理しています。

c9_5

【振動管理状況】

工場敷地境界線における振動を測定し、管理しています。

c9_6

社員一人ひとりが環境への配慮を心がけています。

施設、設備、管理体制の整備だけではなく、社員一人ひとりが、周辺環境への配慮を心がけています。毎日欠かさず行う工場周辺の用水路のパトロールやゴミ拾いなど、日頃から環境問題と取り組んでいます。
その取り組みの成果として、植物が茂り、あめんぼなどの昆虫たちが生息する用水路や、稲穂の向こうに工場が望める風景を維持しています。
今後も、シヤチハタは、周辺の環境から、地球規模での環境まで、環境との共存・調和に真剣に取り組み続けていきます。

c9_7
PAGE TOP